認知症診断助成制度の流れ

認知症は、加齢に応じて多くの方がなり得る病気です。
認知症には様々な疾患があり、それぞれの症状に応じ、その後の生活に備えるためには、早期受診が大切です。
認知症の不安のある方は、ぜひ一度検診を受けましょう。

対象者

65歳以上の市民
※年度内に65歳になる64歳の方も対象です

検診の内容

認知症の疑いの有無を診ます

01 第1段階/認知機能検診

  • 地域の医療機関で、医師が認知症の疑いが「ある」か「ない」かを診ます
  • 第1段階の実施医療機関に受診券を持参し受診してください(要電話予約)

詳細情報はこちら

申込方法

下記のいずれかの方法で、①氏名(漢字、カナ)②性別 ③生年月日 ④住所 ⑤電話番号 をご連絡ください。
後日、無料の受診券を郵送します。

電話での申込み

神戸市総合コールセンター
TEL:0570–083330 または 078-333-3330(年中無休9:00~21:00)

インターネットでの申込み

専用フォームに必要事項を入力し、送信してください。

専用フォームから申込み

郵送・ファックスでの申込み

申込書を送付ください。
郵送:〒650-8570(住所不要)
神戸市役所介護保険課 診断助成の係
FAX:078-322-6047

申込書をダウンロード

認知症の疑い「あり」の場合

認知機能精密検査(第2段階)の受診をおすすめします
(紹介状をご用意します)

認知症の疑い「なし」の場合

認知機能は歳とともに変化することがあります。1年後に、再度<第1段階>認知機能検診を受診することをおすすめします

認知症の疑い「あり」の場合

認知機能精密検査(第2段階)の受診をおすすめします(紹介状をご用意します)

認知症の疑い「なし」の場合

認知機能は歳とともに変化することがあります。1年後に、再度<第1段階>認知機能検診を受診することをおすすめします

認知症の疑い「あり」の場合

02 第2段階/認知機能精密検査

  • 専門の医療機関で、認知症かどうかと、軽度認知障害(MCI)も含めて、病名の診断を行います。
  • 第2段階の実施医療機関で受診してください(要電話予約)
  • 検査結果にかかわらず、保険診療の自己負担分を全額助成します。
    ※保険診療の自己負担分をいったん医療機関へ支払い⇒後日返金(要申請)

詳細情報はこちら

認知症と診断された場合

事故救済制度の対象になります

MCIと診断された場合

半年後の経過観察についても助成対象になります

認知症でないと診断された場合

1年後に、再度<第1段階>認知機能検診を受診することをおすすめします

認知症と診断された場合

事故救済制度の対象になります

MCIと診断された場合

半年後の経過観察についても助成対象になります

認知症でないと診断された場合

1年後に、再度認知機能検診(第1段階)を受診受診することをおすすめします

認知症と診断された場合

03 認知症事故救済制度の利用

賠償責任保険制度
GPSかけつけサービス
コールセンター
見舞金(給付金)制度
TOPへ戻る